【元アイドル・原田まりるの現在】今は哲学ナビゲーター!自由に生きるには哲学が必要?~ラジオ版「学問ノススメ」を聴いて

harada_mariru02

Pic by ラジオ版 学問ノススメ

「ラジオ版学問ノススメ」を聴いていたら、原田まりるさんという方がご出演されていました。

哲学ナビゲーターということで、面白いと思ったので書いてみました。

原田まりる

harada_mariru01

Pic by ガジェット通信

哲学ナビゲーター。1985年生まれ。京都出身。幼少期は「哲学の道」を遊び場とする。

京都女子大学中退。2014年現在、慶應義塾大学通信教育課程在学中。初代ミスチョロQ、女優、モデル、タレント、歌手、グラビア、レーサーなどを経験するなど、多方面にわたり活躍する。大学在学中より、芸能活動を行い、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー2005グランプリを受賞する。趣味はアニメ、ゲーム、カート。相手に合った漫画を紹介する、「マンガ・ソムリエ」でもある。

男装アイドルユニット、風男塾(ふだんじゅく)のメンバーとして活躍し、2013年に卒業。現在、高校時代より学んできた哲学の教えを実生活に活かす、原田まりるの哲学カフェを主催。その経歴から、哲学アイドルとも呼ばれている。著書にサンマーク出版「私の体を鞭打つ言葉」がある。

哲学との出会い

高校生の時、自分自身を励ましてくれたのが哲学書。観光でも有名な、京都の哲学の道の裏に実家がある。近くの本屋さんで哲学書を取り扱っている本屋さんが結構あった。そこにたまたま寄った時に、ふと哲学書を手にとった。それが全ての始まりだった。読んだときに自分自身が普段抱えている悩みを解決してくれるような言葉がたくさん書いてあって、感銘を受けたとのこと。

(※その哲学書というのはコチラ

「落ち込んだ時、自分を励まそうと思って、好きなアーティストの曲を聴いたり、雑誌の裏の占いを見たりとか、いろいろやってみたが、自分にハマるものがなかった。自己啓発書を読んで、自分を励まそうと思っていたが、その頃から本人曰く「斜に構える」性格であったらしく、占いや自己啓発書に綺麗な言葉が書いてあっても、すんなり受け入れられなかった・・。」と述べています。

そのため、哲学が一番しっくりきたようです。生まれ育った環境、タイミングによって、哲学の世界へ入っていくことになったんですね。

哲学の道へ進まずに、あえて女子大学へ

harada_mariru03

京都女子大の建学記念館 錦華殿 Pic by パスナビ

あえて女子大学へいったのは、モテそうだと思ったからとのこと。

「精神的なものよりも、生き易い方を選択した。しかし、その動機の奥にあるもの、自分の価値観は、哲学的に言えば何であるのか、その考察をしていた。」とのこと。

レースクイーン時代も哲学は続けていた

アイドル時代は、哲学書を読むだけでなく、漫画を読んだりゲームをしたりしていたとのこと。心が折れそうになった時の「お守り」として、哲学書は常に手元にあったとのこと。彼女にとっては、哲学書は「実用書」だったんですね。

哲学カフェを開催中

現在は哲学カフェにて、哲学ナビゲーターというお仕事をされているそう。

  • 場所

東京は上野・湯島のコラボカフェ U3356。名古屋、京都で開催することもあるのだとか。

  • アクセス

東京メトロ湯島駅徒歩0分。

スケジュール等は、原田さんの哲学カフェにてご確認ください。

哲学のジャンルはAKB48,SKE48のようにジャンル分けできる!

哲学には~主義といったジャンルに分かれている。原田さんは、それらのジャンルを上記アイドルグループのように分けることが出来るとしている。

原田さんはいわゆる「チーム実存主義」に入っている。

ショーペンハウアー

harada_mariru04

Pic by Wikipedia

原田さんの推しメンならぬ、推し哲学者はショーペンハウアー。

原田さんの好きな言葉は「自由を愛するなら、孤独も愛さなければならない。」

「自由と孤独は裏返しのもの。ひとりでいるというのは孤独であるということ。

しかしそれは同時に自由でもある。誰にも縛られない状態であるということ。逆に、自由でいたいのであれば、ひとりの時間も愛さなければならないということでもある。」ということらしいです。

彼女は、この言葉を目にして、尾崎豊の15の夜を想起したという。確かに、自由、孤独といったキーワードが登場する歌詞ですね。

私が気に入ったのは、「運命がトランプのカードをシャッフルし、そして、われわれ人間が遊ぶのだ。」 というショーペンハウアーの言葉。

サルトル

harada_mariru05

Pic by Wikipedia

嘔吐という、ノーベル文学賞の候補にまでなった小説の著者。

ノミネートされた時に、サルトルは「そんな虚栄に満ちた賞はいらない」と言ったとか。そのロックな生き様に共感を覚えるとのこと。

サルトルは「自由の刑」という言葉を残していて、「自由でいるということは、全ての責任を自分に負わなければならない。自由を優先するということは、常に自由の刑に晒されている。」

原田さん曰く、「自由は無料で手に入れられるものではなく、ある程度のリスクを冒さなければ手に入れることができない。ハイリスクのリターンとして自由がある」、ということらしいです。

哲学者は変人ぞろい?

「哲学者といえば、真面目なイメージを思い浮かべるが、ちょっと不良っぽい人というのが実際のイメージに近い」、とのこと。

「例えば、社会契約論で有名なジャン・ジャック・ルソーは、マゾヒストで露出狂であったと言われる。何度も露出を繰り返し、逮捕されたりもしている。」とのこと。

私が抱いていたルソーの真面目なイメージが見事に崩されました。

その時代の価値観に流されない人が哲学者になりやすい

社会規範から離れている、世間から距離を置いている人が哲学者になりやすいのだとか。

行くにくいために、ものの本質の本質を捉えようとする。社会の中でとんがっているからこそ見えてくるのでしょうね。

私もかつて、生き方そのものに行き詰まりを感じ、哲学書をつまみ食いしていたことがありました。

行きにくさを打破する言葉が、哲学書には詰まっています。

直近の著書は「私の体を鞭打つ言葉」

身近なところで有用な哲学の教えが原田さんの半生とともに綴られています。

哲学者の教え、言葉を自分自身の体験談を踏まえてわかりやすく説明した本。

哲学という言葉は聴き慣れている言葉であるが、内容は近寄りがたいイメージを持たれがちである。実際、哲学というのは自分自身の生活、職場や学校での悩み、そういうものを解決してくれるような身近な考えが多い。難しいというイメージの哲学書をこんなに身近に感じることができるんですよ、と本人曰く「かなりちゃらく書いてみた」とのこと。

「私の体を鞭打つ」というのは、哲学者の言葉が自分自身にどういう役割を果たしてくれているのかというのを考えたときに、心が折れそうな時、妥協してしまいそうな時、自分を戒めてくれる、奮い立たせてくれる、まるで自分自身を鞭打ってくれるような役割を果たしてくれる為、とのこと。

読みたい人はコチラ

スポンサードリンク

関連記事

【厚切りジェイソンはテラスカイの役員だった!】株価暴騰で厚切りジェイソンに注目してみた

IPO投資に火が付いたのは2006年のこと。 今やメジャーな投資方法として一般人にも根付いた手法で

記事を読む

【『ラッスンゴレライ』の8.6秒バズーカー】オリラジに完コピされる!?2015年ヒットしそうな吉本若手コンビ!

最近周りで「ラッスンゴレライ♪」言う人いるなあ~ということで、調べてみました。 8.6秒バ

記事を読む

【君塚正太・完全孤独状態での倫理の意味について】

今日もまた、君塚氏から寄稿していただいた記事を掲載する。 完全孤独状態での倫理の意味につい

記事を読む

【英語落語の立川志の春】イェール大卒、元・三井物産社員の落語家が語る、落語に学ぶ仕事のヒントとは?

ラジオ版学問のススメに、異色の落語家が登場しており、興味を持ったので、ラジオの内容をまとめて

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    「慶應義塾大学通信教育課程在学中。」はトラブル防止のために削除された方が良いかと思います。ご本人も現在ホームページに掲載されていませんので。

コメントを残す

スポンサードリンク

no image
【函館で働きにくい4つの理由】

生まれも育ちもずっと函館。大学だけは函館ではなかった。できれば東京で働

【道南うみ街信用金庫が発足】江差・函館信金はなぜ合併したのか?渡島信金はなぜ合併しないのか?

2017年1月23日、江差信金と函館信金が合併し、道南うみ街信用金

【シリア内戦・アメリカの外交】わかりやすく解説!2017年1月現在

中東情勢が混沌としている。シリアやイラクを舞台として、様々な国々が

【大学中退】し別の大学に【入り直す】まだ遅くない!

私は今なんとかサラリーマンを勤めている。中学、高校、大学とブランク

【海外ペンパルを作るアプリ3選】国際交流か外国語学習か、あなたはどっち?

2016年にAndroidからiPhoneに切り替えたおかげで使えるア

→もっと見る

PAGE TOP ↑