ブラック企業を辞めるか否か

公開日: : 最終更新日:2014/10/18 日記

長倉顕太さんの発言について

「仕事とプライベートは分けられっこない. そんなやり方ではいい仕事はできない. 」

長倉顕太さんはある動画でそう言い放っていた。

「ブラック企業にいつまでもいる必要はない。 すぐやめたほうがいい。」

この意見には賛否両論あるだろう。 私は、この記事を書いている段階では、中立の立場を取ることにする。 なぜなら会社を辞めようとは思っているけど、まだやめていないからだ。

 

「分人」への考察

平野啓一郎という作家がいる。 彼は最近、「分人」という概念を提唱し始めた。(詳しくはグーグル先生まで)分人について書かれた本はいくつか購入し、実際に読んだ。彼は、分人について「あなたという人間は分けられない存在ではない。 いろいろな自分を持っていてもいいのですよ。 分人をデリケートに肯定していくことで、救われることもある。 」という趣旨のことを言っている。

ある種、精神科医が精神法で言いそうな事を言っているなと思った。 投資の世界では分散投資をすることによってリスクを回避するという、ドル・コスト平均法という手法があるが、それに似ているな、と。 しかし、その分人という概念は、「自己の崩壊の予防」という意味では機能するが、根本的な問題はそれで解決できないと思う。

しかし私は分人を否定しているわけではない。 今、苦しんでいる人たちの応急処置になりうるからだ。 そういう意味で読むなら、彼の本を読むことは一向に構わないと思う。

office

まず自分が変われ

今私たちに必要なのは、私たちが変わることだ。

私は日本が変わることにある種のあきらめを持っている。 私はアラサー。 一応若い部類に属する。 そんな私が一票を投じたところで、無意味だ。

老人が圧倒的に多いこの日本で、選挙で自分がよかれと思って投票した政治家でさえ、やがては多数派の老人の意見を聞くことになるからだ。 老人が悪いとは言っていない。 私が老人だったら、「黙って俺たちの言う事を聞け」ってなっていたかもしれない。

先日、会社の顧客をもてなす会合の手伝いで休日出勤した。そこに前の店舗で一緒に働いた嘱託のおじいちゃんが来ていた。

「この会社に居続けるだけでも大したものだ。 」- 若者の現状を理解し、そんなことを言ってくれる老人もいる。

スポンサードリンク

関連記事

【ふなっしーに274もの兄弟がいた!?】~ふなっしーの名刺が発売!弟のふなごろーがかわいい

画像引用元: Wikipedia ふなっしーに兄弟がいるらしい。そして人間界へ出てきた

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

【函館】おすすめワインバー〜コルクボックス

10数年振りに再会した友人と、函館のシャレオツなワインバーを飲み歩

no image
【函館で働きにくい4つの理由】

生まれも育ちもずっと函館。大学だけは函館ではなかった。できれば東京で働

【道南うみ街信用金庫が発足】江差・函館信金はなぜ合併したのか?渡島信金はなぜ合併しないのか?

2017年1月23日、江差信金と函館信金が合併し、道南うみ街信用金

【シリア内戦・アメリカの外交】わかりやすく解説!2017年1月現在

中東情勢が混沌としている。シリアやイラクを舞台として、様々な国々が

【大学中退】し別の大学に【入り直す】まだ遅くない!

私は今なんとかサラリーマンを勤めている。中学、高校、大学とブランク

→もっと見る

PAGE TOP ↑